ユーロドル今週もガチホしたまま動かず。ある程度長期化する可能性も想定・・・

FX FX
FX

ユーロドル今週もガチホしたまま動かず。ある程度長期化する可能性も想定・・・

今週戦績
0勝0敗0分 +0円(内スワポ+0円、手数料+0円、キャッシュバック+0円)
XM成績_20191102
10月戦績(確定)
2勝0敗0分 +97,640円(内スワポ-2,511円、手数料+0円、キャッシュバック+27,616円)

11月戦績(暫定)
0勝0敗0分 +0円(内スワポ+0円、手数料+0円、キャッシュバック+0円)

月末までに下げてこなかったので結局何もできずに月を跨ぐことになりました・・・

4時間足レベルのTL下抜けしてきても1.107で3度も跳ね返されて上に戻すという状況w

一応スワポだけでも20万円越えてきたので、
平均単価もスワポ込み換算では1.10008までジリ上げしてきました。

まあこれだけの含み損なのでたかが知れてるんですが、
含み損に耐えるのに十分生活できるレベルの利益が入るというのは
大きな心の支えにもなるというのも事実です。

てかだからこそ海外業者の中でも敢えてスワポの大きいXM使ってるんですけどね。

平日は毎日ブログ更新まだ続けてるし、
今週はポジ一切動かしてないしで改めてどうこうというのもないんですが、
今のポジのホールドはさらに長期化覚悟しないといけないかもですね・・・

まず、月足レベルで上のTLブレイクはしてないながらも強め陽線を作ってきたというのと、
週足レベルでも1.255からのTLよりちょっとローソク足の上の方が出かかってるんですよね。

週足ベースで見ると、来週のローソク足で下に潜って下げてこれないなら、
大きく上に戻すことは考えにくいですけど、リズム的にはヨコに長いレンジが当面続きそうな気も・・・

まあこの週足レベルTL自体はそこまで拘束力高そうなTLでもなく、
もう1本すぐ上に引いてみることもでき、これが来週タッチするなら1.121辺り。

日足200MAが1.119辺り、日足レベルの上のTLに来週タッチするなら同じく1.121辺り。

最悪もっと大きく上にきたら1.13くらいまではありうると思いますが、
1.12前後で天井つけてくれたら御の字といったところでしょうか?

もちろん今1.118手前でここ3週上げ止まってる状態なので、
もう既に天井つけてくれてるならそれに越したことないのですが、
もう一段上にくることは想定しておかないといけない状況だと思っているので、
最初からその心積もりではいるということです。

あと、元々肝として見ていた1.088からの右肩上がりTLについては、
底から10/29安値を通過するTLも下に引いておきました。

まあ今回の場合、TL割れても1.107割ってこれないとちょっと自信持てないかなというのはありますが・・・

で、今週はFOMC、雇用統計、ISM製造業と重要イベントを通過しましたが、
来週もまあまあ注目の指標ありますよね~

11/4(月)
・欧州各国製造業PMI→前回ドイツ41.9でユロドル売り仕掛けきたので注意
・ラガルド新総裁発言→多分何もないと思うけど一応注意。もし財政支出について言及してきたらユーロ買い?

11/5(火)
・ISM非製造業→製造業の分と合わせて重要。

11/6(水)
・欧州各国サービス業PMI→サービス業の方は動くか微妙だけど一応注意。

今ドル売り地合いがかなり強い相場になってしまってるので、
やっぱユーロ売りの材料が投下されてユーロ中心の動きがこないとなかなか下に動いてこれない気がするんですよね。

就任早々でラガルドが材料になるような発言はしてこれない気がしますけど、
追加緩和絡みの発言があれば動きが出てくるかもなんですが・・・
(過去にパリティが望ましいとか発言した人いましたけど、まあさすがにそういう発言は期待しちゃいかんでしょうw)

ちなみに、次回FOMCが12/11(水)、次回ECBが12/12(木)と順番変わるんですよね。
まあ今のところ次回FOMCは据え置きで織り込まれてるので、FRBの次の日ではあるけど、
ECBで大きく動く可能性はまだ残るんですよね。
(前日で大きく動いちゃったら動かないかもですが・・・)

とはいってもラガルド就任直後から何か動いてくるかというと微妙だと思いますが・・・

まあどんな値動きになろうとも当面はガチホしたまま様子見かなと思います。

これがいつまで続くのか読めないので、結構きついというのが正直なところではありますがw

というわけで来週も頑張っていきます!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました