ECB、雇用統計と発表後に散々たるトレード・・・月曜ユーロドルの動きに注目!

FX FX
FX

ECB、雇用統計と発表後に散々たるトレード・・・月曜ユーロドルの動きに注目!

11月計 -75,373円(利益 101,719円、損失 -177,092円)
先週計 -89,913円(利益 50,087円、損失 -140,000円)

さて、2本目の記事は自身のトレードについてですが、木金ともうボロボロでした・・・。
ここ最近では一番のボロボロ具合だったと思います(´;ω;`)

思惑として、運でも何でもいいから一瞬でボロ儲けして借金も返済したいし、
今後のためにも低リスクのトレードする為にも証拠金を増やしたい!
とにかく今すぐ儲けたい儲けたいって思いが先行し過ぎてたのは自覚してました。

てか以前にも何度か同じ感じでハイリスクハイリターンのギャンブル勝負を挑んだ結果、
殆どうまくいった試しもないんですが懲りないな~と我ながら呆れるばかりですが・・・

先週はとにかく仕事中もできる限りチャートをチェック、
程々に切り上げて早めに帰宅し、ほぼずっとPCでMT4にかじりついてました。

もうこんな思いしてトレードするのも今週までで、ユロドルが思惑通りに21:45のタイミングから爆下げし、
儲かれば今後もっと低リスクで気楽にトレードできるようになるんだ!って儲かった後のことばかり考え、
視野が完全に狭くなっていたと思います。

前の記事で書いてたような追加緩和の内容云々なんて正直気にする余力もなく、
21:45のタイミングから下がることを前提に、先週のどこかでより高いところでユロドルSを仕込んで置き、
発表に向けて備えたいというただただその一心でした。。。

しかしユロドルは下値は切り下げるもののレンジの上下でなかなかレバ888倍での高値ホールドとはいかず、
何度も手仕舞い、微益撤退を繰り返す始末でイライラは積もりに積もり、木曜当日の時点でノーポジ。

ここで金利発表の21:45と同時にSする覚悟に切り替えたのですが、
10分前にフィナンシャルタイムズのあの据え置き誤報(絶対確信犯だと思いますが)もあり、
発表前からまさかのユーロ爆上げ!

誤報だってことで瞬間大きく上下動し、相場が大混乱したわけですが、こんな動きじゃあSで勝負しにくい雰囲気・・・

そして、21:45に預金金利0.1%引き下げと発表!
さっきのは誤報だったわけだし、瞬間下がったし、よしここだと思い切ってSで勝負!
しかしポジった瞬間に爆上げされ、一瞬でゼロカ・・・

そして、ドラギ総裁の会見でもユロドルは爆上げ。
でも利下げもしてるし、ユーロ安材料がずらりと並ぶ材料だし、
所詮は一時的なショートカバーで、重要なバリアは抜けられず、すぐいってこいになるだろうって甘く見てました。
(後から考えれば前の記事でも触れたとおり、資産買い入れ据え置きな点がでかかったわけですが・・・)

1.07S指値に入れて勝負するもリバもなく一瞬で串刺しになってゼロカされ、
その後はドテンでLして勝負するも、方向性はあっていても、ポジるタイミング悪かったというのもありますが、
ボラ大きい中でポジが大きすぎるのもあり、敢無くゼロカ。ちなみにゼロカ直後にさらに急上昇してますが・・・

ちなみにその後ちょこちょこポジって一時利益重ねてはいたものの、
一発大きくとったるわ~っと思い切ってポジ大きくしてポジった瞬間にリバられてまたゼロカ。
これまた直後に急上昇したわけですが・・・木曜だけで-8万円の損失・・・

勿論凹んでましたが、1.1近くまで吹き上がったショートカバーは必ずいってこいになるだろうと、
金曜朝の通勤中、朝8時前後に1.092台で半力S。2回くらいちょっと担がれたのは見てますが、
夕方には追加緩和期待もあって順調に下がり、70pipsくらいの利が乗ってました。

ただ、夜になって帰宅し、MT4を見てると安値をつけてから発表前の手仕舞いなのか相場の雰囲気が変わり、
いつの間にか1.09台に戻ってきてしまったのを見て、これはほっといたら発表前に微益ストップ刈られるかもと思い、
泣く泣く20pips程度の利益で一旦手仕舞い。

てか今回の雇用統計は前回が良過ぎただけに微妙な感じでしたし、
本番前に手仕舞いするかどうか迷いはしましたが、手仕舞いはするつもりでした。
それが無駄に欲張って含み益を大きく減らす結果になってしまったのは残念な限り・・・

ちなみにその後、発表内容が結構良かったのを受け、
最初は上下動したものの、徐々にドル高に傾いているのを向け、
これは下がると見てSを入れたものの、下がらずに敢無くゼロカ・・・
さっきの利益分も出金してなかっただけに、まとめて損失して意気消沈・・・

しかし、凹んでもいられない!と何度か入金してポジってはいたものの、
朝のSと同様、せっかく瞬間結構利が乗ってもホールドした結果いってこいになって利が消えて
微益ストップが刈られる・・・そんなうまくいかないトレードが続きました。

結果、金曜も-3.7万と二日続けての大きな損失。

ユロドルが下降トレンド再開してから
できればこの日までに最低100万以上稼ぎたいと思ってました・・・
できることなら1億プレーヤーとか夢見てたくらいですw

しかし、蓋を開けてみればこんな感じでした。
木金と2日間だけで-11万の損失。水曜までで3万弱は出金してたので、先週計は-8.9万ですが。

一応トレンド始まったともいえる10月最終週からの損益で見れば+5.8万で一応プラス収支です。
ただ、最初に30万近く一気に利益上げてからは延びずに下げ続け、今回爆下げとなりました。

当初このブログでも1.05台までは期待して勝負するって宣言してましたが、
それまで負け続けてから少しでも利が乗ってるうちに確保したいという思いから、
1.11台のS計30枚を早い段階でチキン利食いしてしまいました。

この時の利益は29万でしたが、
もし1.11S30枚を1.06で決済していたなら180万くらい、
確か下のSを途中で切ったりもしてたので、20枚だとしても120万です。
余裕で生涯成績でプラテンする数字です。

上のSを我慢してホールドできてればピラミッディングも多少はできてると思うので、
もっと大きな利益を積み上げることも可能・・・だったのかもしれません。それこそ桁が違うくらいの。
(途中で欲張って大きく張ったポジがネックで利益を飛ばしてしまってる可能性も否定できませんがw)

まあ後からたられば言ったって何の意味もないですけどね。
チキン利食いして利を伸ばせなかったのが、その時の私の実力というか、限界だったということです。

そして、その後も下げ続けたわけだし、稼げるチャンスはいくらでもあったわけですが、
トレンド先っぽ取ってしまったり、ポジ大きく取りすぎてしまったり、より稼ぎたいという思いが先行し、
リスクをとった結果ジリジリと負け続けたのも私の力不足としか言いようがないです・・・。

12/17早朝のFOMCの週を最後に、今年はもうトレードから撤退した方がいいのかもとも思ってますが、
今後のトレード戦略についてはまた別途書こうかなと思ってます。

一応ユロドルの今後の個人的な見通しですが、
長期的に見ればトレンド転換は勿論ないと思ってます。
ECBは中銀預金金利を利下げし、FOMCでは利上げが織り込まれてるわけですからね。
少なくとも長期筋のキャリートレードは終わらないというか、活発になると思ってます。

短期的に見れば、正直わかりませんw
以前に重要なサポレジになってた1.083で雇用統計後も止められてるわけで、
FOMCに向けて素直にすぐ下がってくるかは今のところ何とも言えません・・・

もしかしたら1.1上にストップを一旦刈ってからじゃないと下にいかないのかもしれませんし、
1.1上を越えたらさらに加速して1.14くらいまでは止まらないのかもしれません。

個人的には上がってきたとしてもせいぜい1.09ミドルくらいまでで、
ここまで上がってきたら後はひたすらジリ下げするだけって展開なのかなって気もしますし、
そもそも無茶なショートカバーだったんだから、上値試しもなく、いってこいになるような気もしてます。

ただ、どう動くかなんて誰にもわからないことなんで、
月曜の動きに注目しておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました