米雇用統計の先週はほぼ想定通りの動きにも関わらず、絶望感でいっぱい。ただ、一筋の光明も。

FX FX
FX
スポンサーリンク

米雇用統計の先週はほぼ想定通りの動きにも関わらず、絶望感でいっぱい。ただ、一筋の光明も。

今週計 12,621円(利益 52,621円、損失 -40,000円)

今月からリーマンに復帰したのもあり、暫く更新できませんでした。

まあ夜トレードしてたんで更新する時間がなかったわけではないんですが、
侍ジャパンの強化試合もちゃんと見たかったというのも重なりw、いろいろ余裕なくてですね、はい。

さて、こんな大当たり記事書いてる人なんだからさぞかし大儲けしてるとお思いでしょう。

結果は・・・

指標後にユロドル底Sしてゼロカ。以上。

え?

ちなみに雇用統計直前まで恐ろしいほど想定通りの動き(8月と酷似する同じ)でした。

にも関わらず、なかなか波に乗れず、チグハグな感じが続いていました。

そして楽にちょっと一儲けしておきたい!という悪魔の囁きもありw、
木曜の金利発表時のポン円が急落したの見て、実弾で逆張りLポジってしまい、敢無く撃沈・・・。
このブログでも書いてたマイルールをあっさり破ってあっさりやられるというこの痛々しさ。

負の連鎖は続き、揉み合いの中下値切り下げてきたユロドルをSし、逆行されてまたゼロカ・・・。

しかしこの後、追加入金はできればしたくない思いから、
証拠金3千→2.6万まで気合で増やしました。
手法はユロドル1.089S指値を置く逆張りを繰り返すシンプルなもの。

てかこんな簡単に10倍に増やせるなら指標で儲けるよりもこっちの方がいいんじゃないかって気もしますがw

まあそういう堅実路線でもいいんじゃないかって思いも出てきたからか、
金曜午前中に刺さってた1.089Sは当初リミット1.068とかにしてたのを1.087に直し、
リミットにはすぐにかかったのと、再び指値1.089Sにかかることはなかったので雇用統計発表時はノーポジでした。

でも、この行為についてですけど、以前記事でこんなこと書いてませんでしたっけ?

このように考えると、来週こそギャンブルトレードする価値があるかもしれませんねw

でも本番を前にしてちびったってことですwwwww

欧州初動の天井でSポジ確保しておきたいところです。
(8月と同じように動くなら火曜日の天井をとるのが有効ということになりますが)

天井の1.089S取ってましたよ!
まあポン円でやられてから復活するまでの過程だったこともあって、
枚数は通常時より少なめの5万通貨でしたけど。

そして、22:30の結果発表と同時に急落。
飛び乗ろうにもストップロス巻き込んで一瞬で1.07前半まで急落しており、
すぐにSしたら底S決めてしまいそうな動き・・・。

だから戻しを待って第二波を狙おうと、上に戻してきたところを狙って思い切ってS!
しかし、結局担がれてゼロカ・・・。

これだけ一瞬で動いた後、それも雇用統計後。
こういうケースでこの後やる気ない値動きになるのは今まで何度も見たことあります。
しかも週末のNY。持越しせずに利食いしてくる恐れもあるだけに、危険な賭けでしたね・・・。

暫くして1.075が強いレジスタンスとして意識されてるような値動きを確認し、
NYオープンの時間で下げ再開したので再度S!しかしまた騙しに引っかかり、一時証拠金維持率22%まで減少。
20%割れたらゼロカなんでほんとによくゼロカされなかったなと・・・

その後、また下げて含み益10pipsくらいまで伸びましたが、
そこから下げきらず、反発して微益ストップにかかって終了。(実際にはスリペして微損)
なかなかうまくいかないもんです・・・

もし1.089S*5枚分放置してるだけでもMAX180pips取れたとして、利益10万円越えてました。
てかそもそも雇用統計の週は月曜ヨコヨコで火曜から落ちる想定だったんだから、
1.1台Sをホールドした状態で本番を迎える・・・というのが想定していた動きだったんですけどね。
結果、ほんとに想定通りになったという・・・

あれよあれよと波に乗れないままホールドせずに利食いを繰り返し、
本番当日にもSを切ってしまい、結果チャンスを逃がす結果になってしまいました。

暴落した後にSしてゼロカされただけにショックは大きく、頭真っ白状態でした。
ほんとならピラミッディングして最低100万は稼いでおかないといけない相場だっただけに・・・

結局その前にポン円とか余計なところに手を出し過ぎてメンタルが崩壊気味だったのが大きかったかなと。

唯一の救いは実は今週プラス収支だったということ。
敗北感が凄すぎて絶対マイナスだと思い込んでましたが、
水曜日までは利益積み上げてましたからね、一応。
とはいっても先週末の-8.4万を取り返すには全く至ってませんが・・・。

ひとまずゼロカされた3つのポイントに関して検証しました。

①11/5(木)ポン円
英政策金利発表後に急落→逆張りで186.429L

結果:20pips逆行してゼロカ

・そもそもポンドは現時点で手出しすること自体NG!そしてマイルール簡単に破るな!
・大して自信ないわりに枚数多過ぎ。今回の場合は枚数抑えたとしてもダメだったけど・・・

②11/5(木)ユロドル
もみ合い中、下値切り下げてきたのを見て1.08719S

結果:18pips逆行してゼロカ

・乗り遅れまいとやや焦った感の拭えない順張りS。簡単に騙しに引っかかったわけで・・・
・リスクのある順張りのわりに枚数多過ぎ。逆行しても1.089で跳ね返る公算が高いのだから、いつも通りの枚数でいけば普通にプラテンしてました。

③11/6(金)ユロドル
米雇用統計発表後に一度急落し切り、少し戻してきたところを1.07214S

結果:20pips逆行してゼロカ

・リスクに対して枚数多過ぎ。ただ、あと10pips耐えられてもゼロカされるか際どいところだけど・・・
・状況考えればやっぱりハイリスクたっだし、1.075でレジスタンスが効いてるのを確認してからでもよかったかも。
・①②に比べればまだ許容できる範囲内。

時間軸で見ても①→③の順番ですが、ありえないトレードという意味でも同じ順位になりますw

ちなみに今回ゼロカにならず、幸運にもプラスで終わったトレードの方が多いから
プラス収支になっているわけですが、それらのトレードを振り返っても実にお祈りトレードの多いこと・・・

ポジション持つというより、乗り遅れまいと持たされることが多いように思います。
そういうやり方こそ相場の餌食になるだけですし、無駄にストレスかかるだけだというのに・・・

ただ、絶望感の強い今週でも得られた大きな収穫として、
レンジ相場だけで証拠金を1日で10倍近くに増やせたということでしょうか。

これからユロドルはますます上値の重たくなる展開が続くと予想されますが、
どこがレジスタンスとして強く効くのかがわかればそこに指値でS置けば結構いけるんじゃないかと思います。
木金での1.089みたいに何度も上髭つけてくれるなら、かなりおいしいです。

トレンド相場でのピラミッディングが海外ハイレバ使う上での大きな魅力ではありますが、
レンジで複利効かせて連勝するだけでも同様にかなり稼げます。

元手2万円(入金ボーナス込みで2.4万円)の10万通貨スタート、ゼロカもリミットも20pipsのトレードであれば、
2.4万→5.6万→12万→24.8万→56.8万→120.8万というように5連勝するだけで100万超えてしまいますwwwww

そう考えるとピラミッディングだけが全てではないですし、
トレンド出てないとこでもストレスなく3連勝くらいはできてしまったくらいなので、
不安抱えながらピラミッディングするよりもいいのかもしれません。

勿論、組み合わせでできれば最強なんですけどね。
状況見て20pipsで半分利食い、もう半分は微益ストップ置いて放置するとか。
ヒットの延長線上にホームランがあるっていうもが私の理想に近いトレードではありますが・・・

ちなみにGMOの方でもちょこちょこポジってはチキン利食いを繰り返してるわけですが、
週末ドル円天井L、ユロドル底Sを見事掴んで持ち越しました。いや~見えてなかったです・・・。

週明けでプラテンしてたらどちらかは一旦利食いしときたいですが、
今日の中国指標がまた微妙な感じだったんで、窓がどうなるかは怖いとこではありますね・・・。

とにかく損失出なかったのは不幸中の幸い。
相場がある以上、いくらでもチャンスはあるわけです。
切り替えて今週からも頑張りたいです!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました