ユーロドルL米大統領選渦中で全決済したトレード振り返り&2020年10月トレード結果

FX
スポンサーリンク

平日相場が動いてる時にブログ更新するのって結構辛いですね・・・だから以前は土日更新してたんですけど今は土日にウーバーとか別のことやりたいので、せっかくペンタブで画像作っても記事書くところにまで手が届かずに2日間放置w

まあ今回のようなあんまりよろしくないトレードは課題が浮き彫りになりますし、簡単に振り返っておきます。

トレード内容

ざっくりこんな感じでユロドルLナンピンしていき、危険極まりないけど大イベントの米大統領選を全ポジホールドしたまま跨ぎ、スーパーリスクオンのドル売り相場で上に吹いてきた天井近くで全決済してトータルプラスで終われてラッキーというトレードですw

まず、1.161起点の上昇トレンドが続くと踏んで最初L入れたんですが、この時点で高値切り下げてきてる中で敢えてポジったのは結構ギャンブルだったと思ってました。ただ、それ以上にエリオット波動って点で見れば結構トレンドの終盤に近い恐れがあるし、週足で見ても1.18台でL入れるのはやっぱりリスク高すぎだったかなと・・・

で、三角持ち合い下抜けしてきて、1.175辺りのTL&水平線辺りでナンピンしたところ、ここがまさかのレンジなし一発下ブレイクw ただ、NY後場でそこそこ強めの陽線出現ってことで騙しの可能性もあるんじゃないかなってことで様子見してると、見事なまでに綺麗なサポレジ転換の形になって下落。月足の形を考えると損切するとしたらここしかなかったと思います。翌日上に戻したところで損切するつもりで考えてたところ、4時間足だけじゃなくて1時間足でも結構強めの陽線が目立つようになってきて、価格帯的にもどこで底打ちしてもおかしくないので、下のTLタッチでナンピンしてLの平均単価を下げつつ、TL上抜けするのを待つことにしました。

ちなみにこの下のTLですが、当初同じ値幅分だけ平行に下に引いただけで、機能するかどうかは半信半疑でしたが、想定以上にバッチリ上手く嵌ってくれました。なんなら11/4に下値更新した時にもばっちりここでサポートされる形になってるわけですしw

まあ1.165で底打ちしてくれたらよかったんですけど、その後もう一段下落。ただ、下方向への伸びしろは少ないだろうという思惑は当たっていて、下落幅がだんだん少なくなっていき、11/3時点でTL上抜けしてきたので、米大統領選で多少の不安要素はあるものの、テクニカルではいけるだろうということで全ポジホールドして投票の時間を迎えました。

すると思ってたよりも大分早く上昇し、上のTLと4時間足200MAのちょっと上辺りのところでトータルプラスになったところで全ポジ決済。まあこんな早く上がって利食いできたのは正直言ってラッキー以外の何物でもないですけどねw

ちなみに、1.176辺りでL全決済してから1.161を一瞬割るくらいまで爆下げしてから、この記事を書いてる現在(11/6 21-22時頃)は既に1.18台後半まで爆上げw まあTL上抜けしてから4時足ダウ崩し&強い下髭など考えたら上しかないと思ってましたが、タイミング測ってる間でガツガツ上げてきてしまって全然獲れず・・・。その代わり11/5に反発狙いで1.18-1.185辺りのSがデイトレで獲れました(ブログでの振り返りは割愛)。

反省点

まあ上でももう触れてるんですが・・・次に生かすべき反省点として、トレンド方向に対してポジること自体はいいんですが、トレンドの終盤に手を出し過ぎです。トレンドの変わり目、つまりエリオット波動でいうところの3波目狙うのが鉄板とよく言いますけど、5波目狙いはやっぱご法度ですね。

他にも損切のタイミングとかもうちょい考えないとまた退場するぞって言われかねないとは思うんですが、トレンドの変わり目をしっかりと狙って勝負していきたいと思います。

また、結果が全てで綺麗なトレードをする必要はないということと、勝負となったら大胆に思い切りいくことについては今後も肝に銘じておきたいと思います。復帰して暫くは鈍ってましたが、ちょっとずつできるようになってきたのかなと。。。

2020年10月トレード成績

長期足での迷いもあって往復ビンタばっかりで復帰直後は相場の洗礼を浴びたってところでしょうか・・・正直もうFX勝てないなら辞めようかって心折れかけてましたw

ただ、11月入ってからは11/6の現時点で+12万円くらいの成績で盛り返してきてるところです。やるからには覚悟決めていけるところまでいきたいと思ってますし、11月以降はもうちょっといい報告ができるように頑張ります。。。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました