怒涛の巻き返しで今月一気にプラテン!英国民投票までの乱高下はデイトレチャンス!

FX FX
FX
スポンサーリンク

怒涛の巻き返しで今月一気にプラテン!英国民投票までの乱高下はデイトレチャンス!
先週計 111,086円(利益 151,289円、損失 -40,203円)

先週もしょっぱいトレード多かったのも事実なんですが、
月曜に2連敗して今月また-10万オーバーになって暗雲立ち込めてましたが、
火曜以降に怒涛の巻き返しで一気に今月プラテンに持ち込みました!
今のところ今月+43,500円ですね~。

まあ運が良かった部分もあり、不用意なポジもあったのも事実なので、
そういうことやってると命取りになるのは経験でわかってるのでその点は土日で反省し、
チャートと照らし合わせて今月分の負けトレードを振り返って気になった点を以下書き出したメモです。

・やはり重要なのは環境認識。トレンドなのかレンジなのか?
・どこで跳ね返っていて、どの辺が損切りポイントとして意識されるか?
・アジア、欧州で一方向に大きく動いた後のNYで同じ方向は基本あまり期待してはいけない。
・こういう値動きをしたらこうすると常に意識し、思惑通りになってからエントリー。
・爆下げ後、二番底つけた後のの勇気買い。
・爆上げ後、欧州→NYに相場の時間が変わる頃、Lしたらトレンドの尻尾つかむことになるかもしれないので注意。
・チャンスまで待つ!待つのが仕事!一日ノートレでもOK。

あくまで個人的な思いついたこと書いたメモです。

フィルターかけて待つことでエントリーの精度は上がったと思います。
ただ、大いに問題なのが利食いなんですが、欲張って含み益がなくなるってことを
何百回も繰り返してきてるわけですが・・・難しいですねw

でも後から振り返ると、ホールドせずに細かく利食いしていった方が
利益多かったな~ってこともわかってるんですね。じゃあ細かく利食いしろよって話ですがw

その判断は環境認識ができてるかどうかっていうのが大きいですね。
明確な材料があって大きく動いているようであればブレイク期待でホールドでしょうが、
そうでない場合は基本ブレイク待たずしてTL手前で利食いしておくのが無難ですね。

で、今週は運命のイギリス国民投票。

当日は昨日記事にも書きましたが、XMはレバ規制されるので私の熱も既に冷めてますがw、
投票前までの値動きで乱高下するならポン円、ポンドルがまたデイトレのチャンスですからね~。
これまで通りチャートに沿って売買サインを確認して、淡々とトレードをしていこうかなと・・・

あと、個人的な見解に過ぎませんが、
メディアが残留優勢に変わったと報道する前から
チャート的には既に残留の方向に織り込み始めてるようにも見えます。

一国の将来を左右する大事なことなのに、
ブリテンファーストとか叫んでたあのバカ男のせいでこうも変わるとはって感じですが・・・

まあ思ったほど世論調査の結果で残留派がリードしてるわけでもないですし、
まだまだわかりませんが、スコットランドの時は直前になって賛成派が冷静になったのか
蓋を開けてみれば反対派多数で終わりました。

人間は感情に左右される生き物であるならば、
一時的な感情でEU離脱を主張することに酔ってた人たちが冷静になって、
結局残留に60%以上入って終了・・・と勝手に想像してますw
まあ実際にはどうなるかわかりませんし、明日には目線変わってるかもしれませんけどねw

でも、特にポンドの売りポジが一方向に極端に偏ってる状況ですから、
下方向よりも上方向の方が大きく動くと思うんですけどね~。

ミセスワタナベがポン円逆張りLしてるとかいう記事がありましたが、
それでも去年8月から50円近く下げ続けてきた背景があるわけですから、
いずれにしてもどこかで材料出尽くしの大反発がくるのではないかと考えざるを得ないと思ってます。
勿論長期で見ればどこまで下がるのかわからないのかもしれませんが、離脱してもそんなあっさり一方向に動いてくれるほど簡単じゃないと思います。

てかあくまで個人的な推測ですし、そもそもトレードの根拠にするつもりはないですけどねw
あくまでチャートが描く値動きに沿って淡々とトレードしてればいいと思ってますし、
爆益もそりゃあ欲しいですけど、まずは負けないことと、コンスタントに勝つ経験値をもっと積むことの方が後々のことを考えればもっと大事なことかなと思ってます。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました