FOMC議事録は予想通りのデイトレ指標の行って来い。膠着状態は続く・・・

FX FX
FX

FOMC議事録は予想通りのデイトレ指標の行って来い。膠着状態は続く・・・

前回の記事で触れてたXN入金ボーナス分でのトレードですが、ユロドルSした結果、余裕でゼロカされてしまいましたw (まあ結果はどうあれ目的は果たしたので一応これでもOKです。)

やっぱり今の相場は上も下も固いレンジ相場なわけで、1.13越えたところで逆張りSするのが一番理にかなったデイトレ手法なんでしょう。順張りで入っても大して走らないので分が悪いです。それにしてももうちょっと下いくとは思ったんですけどね~。三角持ち合いからなかなか上にも抜けない中、下値を徐々に切り上げてきているのも事実。1.122~1.124あたりは謎の堅さですね。

Sポジがだんだん溜まってきてるのも気になります。一時はLポジの方が溜まってたのにまた逆戻りです。ECBのQE前倒しなんてヘッドラインが流れましたが、結局反応は限定的。FOMC議事録は予想通りのデイトレ指標で行って来い。むしろ年内利上げ期待が遠のくような内容とも受け取れるので、膠着状態はまだ暫く続きそう・・・な気がします・・・。

以下、本日現時点での個人的な見解を残しておきます。(見解は日々変動するのでご了承くださいw)

■米年内利上げ
「世界経済の減速」の影響を様子見したいと言ってますが、年内にそれが判断できますかね?
加えて雇用統計の数字は過去の2ヶ月の下方修正含め、ネガティブサプライズ。
FOMCメンバー10名中6名だけが年内利上げ期待してる現状では、12月FOMCで利上げに過半数票が入るのは難しい気がします。

■日銀10月末追加緩和
物価、賃金が上向き基調にあると黒田総裁が判断しているのであれば、
政府が要請しているとしてもすぐには踏み切らないのではないと思います。
仮に世間で期待されている通りに踏み切ってしまっても、織り込んでしまえば値動きは限定的ではないでしょうか?

■ECB追加緩和
今月はまだじゃないかな~なんて思ってましたが、QE前倒しなんてヘッドラインが流れたのもあり、よくわからなくなりましたw
てかあまり調べられてないので、ちょっとまた洗い直します・・

今月想定以上に収入が激減していることが明らかになり、家賃払うのもキャッシングしないといけないかもというやばい事態に・・・。そろそろ就活も大詰めになってきて、もうじき落ち着きそうな雰囲気になってきてますが、多忙でFXどころじゃない日々が続くかもしれません・・・。まあそれはそれでいいことかもれませんけどw

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました