揉み合い相場でトレンドフォローの手法で挑み、敢無く撃沈・・・

FX FX
FX
スポンサーリンク

揉み合い相場でトレンドフォローの手法で挑み、敢無く撃沈・・・

9/2 -13,950円(利益 2,450円、損失 -16,400円)

もう今日はボロクソにやられましたね・・・まだ頭の整理の気持ちの整理もできておらず、とりあえずその辺ぶん殴りまくって、大声でわめき散らしてスマホもPCもぶっ壊したいような心境です。まあまだPCに向かって文字書いてる時点でまだましかもしれませんが・・・。

ほんと負ける時ってしかるべき負け方をするっていうか、いつもボロクソに連敗するんですよね。いつものパターンというか、進歩しないというか・・・。こんなトレードして無駄に相場の養分になるくらいならFXなんて一刻も早く止めるべきだと思います。もうほんとに情けない、情けなすぎる・・・

【負けた理由】

①トレンドフォローの手法で無理やり今日の揉み合い相場でやろうとした。

慎重にやればやるほど底S、天井Lになりやすいのを危惧してるって自分で昨日書いておきながらこの様・・・。
そりゃあもう底S、天井Lの嵐でしたよ・・・。ポジったら逆いってばかりでもうほんとに地獄のようでした・・・。

じゃあわかっていながらなぜ入ったのか?それは儲けたいという欲に負けたとした言い様がないです・・・。

②取り返そうとしてムキになって追撃、ドテンでポジったり、利幅を増やそうとした。

2回連続で損切りしたらその日は止めておくべきってよく言われますが、
頭でわかっていていもどんどんポジっていきましたw その結果全て裏目・・・。

そして、30pip前後獲れるチャンスが2回あったのに、もっと伸ばそうと思って利食いしなかったら逆行してきて微益ストップ刈られるということがありました。基本20pipsくらい利が乗れば細かく利食いする方針でしたが、欲張った結果、利を逃しました・・・。

③最後に安易にポジってストップ上限50pips刈られた。

これが止めでしたねw オージー円が下がってきてるの見てSしたところ、その直後から反転して全く戻ってこず、50pips丸々刈られました。トレンドフォローのつもりでしたが、底付近でのブレイク狙いという何の根拠のないポジでした。逆行した後もどこかでまた垂れてくるだろうと軽く見てましたが、全く逆行せずにまさかの深夜の高値更新。損切りするタイミングも見つけられず、ストップ上限で刈られました・・・。

は~、とりあえず喪失感だけはすごいですw

レンジ相場で入るなら逆張りで利幅を狭くするのが鉄則だと思いますが、欲で全く見えなくなってましたね・・・。
勿論もみ合いになってるのはチャート見てわかってましたが、完全に期待だけでポジっていたように思います。

トレードをしない勇気が足りないんですよね。トレンドが出てないところで変にポジると、こんな風に全てにおいて失望する感じなることを絶対に忘れないように肝に銘じておきます。

そして、ECB、雇用統計と迫ってますね。一応ユロドルSまだホールドしてるので、いい感じになってくれるといいですが・・・

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました