イタリア国民投票→ドラギECBの流れでユーロドルのみトレード。そこそこ利益出たものの・・・

FX FX
FX

イタリア国民投票→ドラギECBの流れでユーロドルのみトレード。そこそこ利益出たものの・・・
先週計 95,600円(利益 95,600円、損失 0円)

イタリア国民投票でユロドル1.05手前まで下げて反発して、
短期で買戻しの流れだったところを月曜日にLでちょっとだけ乗り、
あとは木曜のECBまで様子見のノートレでした。

まあユロドルはいいんですが、ドル円を薄く2枚スイングSしてる分、
今週月~木の間でそのドル円S半分はプラスで切れたので一度切っておくべきだったかと。。。

FOMCまでまだ時間もあるので、上への動きが収まってるとはいえ、まだくる想定はしてましたが、
ユーロ安相場ならドル円はそんなに動かないだろうと踏んでたのが甘すぎましたね・・・

結局ECBでもユーロ安以上に円安の方が強かったですね。
そこが甘すぎたというかなんというか、ドル円についてはスイングS担がれ中でして、
それはまた別途書きますけど、それも合ってドルロング(ここでいうユーロショート)するのが
若干気が引けたのがチキン利食い連発させたり、エントリー遅れたりというのはもしかしたらあったのかもしれません。。。

ECBの発表で、最初テーパリングだ!!!という反応からユロドル急上昇し、
そこから怒涛の如く急降下であっという間に5分足レベルで下髭。

下髭完成するまでは大きく上下してましたが、
恐らく6月くらいまでの私だったら髭完成する前に全力S入れてた可能性あります。
その結果ボラで刈られるかどうかは運次第だとは思いますがw

今回は石橋を叩いて叩いて1.0785S。それも半分の5万通貨。
売りサインだと確信できる場面でしたが、途中含み益減ってきたことにビビり、
これはもう1回くらい上試すとかあるんじゃないかと一旦20pipsくらいで撤退。
しかし、実際にはその撤退したところから全く上がらず、リバなしで1.06台前半まで爆下げ・・・

あとほんのもう少しだけ我慢してれば強気でホールドできる流れになったんですけどね。
ユロドルはトレンドになったらちゃんとトレンド通りに動くことが多いので、
やはりユロドルのトレンドフォローする時はとにかくバカみたいに信じるというか、
方向性に信念を持つことが利を伸ばす秘訣だなと改めて感じました。(勝手な持論ですがw)

まあ微益ストップだけ入れてチャートを見ないというのも一つの手ではありますけどね~
ある程度大き目の利が乗って安全圏だと判断できないと私の場合なかなかできないですが・・・

その後は一旦ちょっと強く上に戻ったのを見て1.06672S、その後順調に下げてきたので追加で1.065S。
まあこの後1.067くらいまで踏み上げられ、全力ポジになってたのでゼロカ寸前で死にそうになったんですがw、
証拠金維持率30%台でなんとか踏ん張り、その後順調に下落。

ここでは翌日欧州初動で多少戻すことも想定し、あまり上でSできてないので持ち越さずに1.062くらいで全ポジ決済。
この判断は間違ってないとは今でも思ってますが、結果的には欧州で1.063すらつけずにダラダラと下落再開・・・

金曜は業務後にジム行ってて、帰宅したのが22時半頃だったと思いますが、
早速ユロドルが若干上に戻して上げ止まった感じだったので1.05704S。

正直NY時間で1.05割れもあるんじゃないかとも期待してましたが、
結局ドル円だけが怒涛の値動きで、ユーロ売りは思ったほどじゃなかったですね。
1.05割れは仮になくても1.05手前くらいまではあると思ったんですが、
おいおい1.053で終わりかよ!って感じですねw

結局1.05477で利食いし、金曜のトレードは終了です。

まあ消化不良とはいえ、ここ2週間くらいで+12万円くらいの利益ですか。
一部のトレードはハイレバゆえに結構危ない部分もあっただけに、
数字ほどうまくいってる感がないんですがw、むしろドル円Sの担がれっぷりの方がすごい負い目感じてるというかなんというか・・・

ドル円についてはこの次書きます。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました