ユーロドルの下目線は継続中。トレードにおいて待てないというのが最大の難点・・・

FX FX
FX
スポンサーリンク

ユーロドルの下目線は継続中。トレードにおいて待てないというのが最大の難点・・・

9/23  582円(利益 2,462円、損失 -1,880円)

またデイトレ&スキャをやってしまってるので2日連続で成績載せてます。
そんなに勝てる手法でもないことがわかってるのになぜまた手を出すのか?
それは目先の利益というより、少々リスクを負ってでも今月分をプラテンさせておきたいという思いだけですw

画面右側の過去戦績を見てのとおり順調な右肩下がりの戦績なんですが、
4ヶ月連続のマイナスとなるとちょっと格好がつかないというのもありまして・・・

これだけ負けといて今更恰好とか気にするなよって言われるかもしれませんが、
昨日やらかしたトレードがあまりにも最悪過ぎたんで、その分だけはデイトレでも挽回しておきたいというのもあります。

とりあえずSL両方入ることで往復ビンタ食らってた点については、
日足・時間足の方向で順張りのみ入ることでなくすようにしました。

ポン円Sで最初うまく乗れて22pipsくらいとれましたが、もう1回Sでチャレンジするとすぐに反転・・・。
レンジであればまた切り返してくる公算が高いのですが、なかなか下がってこず、上抜けするんじゃないかという疑念は消えず、そのままホールドするのも辛かったので、敢無く-18pip損切り。
しかし、損切りした後に下がってきたわけで、結局レンジでしたってオチだったわけですが・・・。

それからオジドルが0.7割ったところで下走ると踏んでSしたけど走らず、微益撤退したのと、
ポン円がレンジ下抜けたと思ってまたSしたけど怖くなってまた微益撤退。
一応結果論でいえばどちらも逃げて正解だったんですが、結果論語っても意味ないですからね。

持越しする覚悟あるならそもそも結論出すには早いと思いますが、
マイナススワップ3倍の日にわざわざ持越ししたくないし、その覚悟もないし、何より待てません。

私の性格上この待てないというのはトレードするには大きなデメリットになっている気がします。
早く結論が知りたい、せっかちなところがありますしね。

てかスキャ、デイ、スイングのどれでもチャンスがくるまで待てない人ってダメだと思いますが、
少なくともチャートとにらめっこして利確、損切りのタイミングまで待つというのがほんとダメです・・・。
勿論スキャやデイでは全てOCO入れてますが、それでも待てずにチキン利食い&無駄な損切りをどんだけ連発してることやら・・・。

ということもあって基本スイングで考えてますが、
チャートとにらめっこし続ける時間は減らせても待てなきゃ話にならない・・・とは思いますけどね。

まあ少なくともスキャとデイを今後メインでやるなんて到底ありえないなと改めて思いましたが、
待てない私がやるなら結論の早いポン円が一番向いてるかもしれません。
流れに乗れたら一瞬で稼げますし、乗れなければ一瞬で損しますw
トレンドが出るかどうかの見極め、まだまだ精度が低いので引き続き注意深く見ていければなと。

ちなみにユロドルですが、ドラギ総裁の発言をきっかけに最終的に1.121までは上がったものの、
その後は力尽きて垂れてきています。この程度では反転したとはとてもいえませんね。

まあECBとしてはなんとしてもユーロ安にもっていきたいわけなので、
この間のドラギマジックのような仕掛けをまたしてくるのかもしれません。

最近ではVWショックもあれば難民問題もあります。
難民の多くがギリシャに滞在してますが、ギリシャ大丈夫なんですかね?
いずれ難民がEUの中で自爆テロとか起こすような気がしてなりませんが・・・

ユロドルの下目線はまだ継続中です。

あと日経とドル円が連休明けの今日からどうなるか注目ですね。

9時オープン前のオセアニアでも期待?で円売り一辺倒になることもあるので
乗れたら乗っておきたいところでもあります。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました