ギリシャ国民投票(7月5日)後の窓開けは狙えるか?のシミュレーション

FX FX
FX

ギリシャ国民投票(7月5日)後の窓開けは狙えるか?のシミュレーション

今週は大きいネタが結構ありますね~。

火曜:ギリシャ返済期限
水曜:ADP雇用統計
木曜:雇用統計
日曜:ギリシャ国民投票

まずは今日ですよね。

ギリシャは返済できないって既にツィプラス首相ももう仰ってますが、
欧州勢、米国勢が反応してくるかどうか・・・。

お金返せなかったら支援しないと言われてますが、
とりあえず債権者側は7月5日(日)ギリシャ国民投票までは待つってことでいいんですかね?

いずれにしても月末だから荒れるとは思いますが、果たしてどうなるか・・・。
もう折り込み済みだから今日はギリシャネタではそんなに動かないですかね?
動かなければ後付でよく使われる「折り込み済み」という言葉、ほんとに便利な言葉ですねw

そして今週は雇用統計があるんですよね?
まあ予想より劇的に悪いってことはないとは思うので、
指標の結果がどうあれ、最終的にはドル高の方向性が確認されると見てますが・・・

そしてそして一番注目なのがギリシャ国民投票!

事前のギリシャ世論調査では、
半数以上の人が債権者の緊縮策受け入れざると得ないと考えていたようです。

ツィプラス首相はNOの方に入れるよう呼びかけているようですね。
国民も目先の生活を考えればどちらかといえばYESに傾く気もしますが・・・。
今のところギリシャ国民の考えがよくわからないので、引き続き週末まで目を光らせておかないといけませんね~。

結果的にはどんな結果になろうともユーロ安にはなるとは思いますが、
瞬間的にどっち動くか・・・なんですよね。

ギリシャ国民がYESの意志を示せば、それでユーロ離脱はない!
リスクオンだ~、ユーロ爆上げだ~、なんて言えないから難しいんですよね。
ツィプラス政権退陣で解散総選挙になって・・・で揉めに揉めてどうなるか・・・

いっそNOになってくれた方がまた円高、ユーロ安で相場的にはわかりやすいんですけどね。
まあその時はユーロ崩壊への序曲って感じになるんでしょうか・・・

そして現時点でいえるのはノーポジが無難ってことでですねw
ここまで書いておきながら・・・

ただ、状況見ていっていけそうなら金曜クローズ直前に、
XMレバ888倍で勝負にいくとは思います。逆行すればゼロカされるだけなんで、別にハイリスクではないですけどね。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました