ユーロドルは1.2越え上髭つけて天井?雇用統計のトレードはやはりメンタルがきついw

FX FX
FX
スポンサーリンク

ユーロドルは1.2越え上髭つけて天井?雇用統計のトレードはやはりメンタルがきついw

今週計 +45,402円(利益+45,402円、損失0円) XM 3勝0敗2分
8月計 +46,649円(利益+152,662円、損失-106,013円、キャッシュバック6~7月分+9,749円) XM 5勝7敗3分

記事書いてたらまたものすごい長文になってしまったので、記事を2つに分けます・・・

先週注目してたユロドルは火曜日にあっさりと1.2を突破!w
正直もっと抵抗あると思ってただけに拍子抜けでしたが・・・

ただ、欧州の仕掛け買いで1.2を突破したところから
NYで利食い売りが結構大きいくるんじゃないかとは思ってはいたものの、
結局この日ポジってたのはドル円で、ユロドルはスルーしました。

ローソクで売りサインの形になった21時台でしたが、
1.2でサポートされたらどうしようって不安もあったり、
業務後ジム行っててこの瞬間外にいたという言い訳もありますけどw

この後1.2割ってからは結局一度も1.2つけませんでしたね。
雇用統計でトリプルコンボの悪い指標の数字が並びましたが、
それでも長い上髭つけて失速。

いかに雇用統計の結果こうだろうとこうなれば↓いく可能性大と踏んで、
時間足のサインが出る前に5分足根拠で半力S。

1.0989Sでしたが、これはもしかしたら長期ホールドしたらかなりのお宝ポジに
なるのではと頭によぎりました。

正直先週安値の1.182くらいは簡単に破ってくるだろうと期待してましたが、
思いのほか下が堅く、1.185で下げ止まって反発してきて、Pivot越えてきたところで
もう無理だと諦めて撤退。結果的に+20pips。

ただ、結果論でいえば完全にチキン利食いでしたけどねw
その後の展開ではPivotのちょっと上あたりがレジとして効いていて、
弱含みのままNYクローズ。

まあ雇用統計当日だし、ユロドルだしw、
難しくなるのはしょうがないんだけどね・・・

ちなみにチキン利食いしてしまったこと自体はそこまで問題ではないですが、
それに至るまでのメンタルの状態がかなりひどかったことの方が個人的には問題視してます。

基本的にトレードは避けるべき雇用統計でチャンスと踏んでポジション持って、
だけどポジションは小さくしてと、そこまではよかったんですが、
やはり雇用統計だけに悩ましい動きをするわけで、ポジってからすぐ下がってくる
わけでもなかったので正直超ハラハラしてチャート見てましたw

5分足なんか見てると、
まさかここから上髭なめて上にいくんじゃねえだろうな!
って不安を抱かせる感じさせる動きでもあったので、
ビックイベントの時は無駄に神経擦り減るのであんまりやりたくないなとw

1.19割ってきたのもNY市場オープンしてからでしたね。
そこから相次ぐ要人発言やISMとかでさらにドル買いが進んだわけですが、
利食いのタイミング、やっぱり振り返ってみても今回のケースは難しいですね~

基本的にはビックイベントじゃない時の普通の日に
安定してドル円でサクッと軽く抜くことができるならそれで充分かなと・・・

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました