2023年11月のFXトレード成績・振り返り:シストレはまずまず。裁量はようやく検証が進み、部分的に再開。当面は検証が最優先事項。

FX FX
FX
スポンサーリンク

2023年11月FXトレード成績

口座①:+7,110円(シストレ)

口座②:+4,738円(シストレ)

口座③:+12,281円(シストレ)

口座④:+1,197円(シストレ)

口座⑤:+2,940円(シストレ)

計:+28,266円

従来のシストレは前半はドローダウン喰らって散々だったものの、後半盛り返して全口座プラスで終了し、トータルではまずまずのパフォーマンス。肝心の裁量は月末でようやく少し再開できたという状況・・・

2023年11月FXトレード振り返り&今後の予定

まず、今年主力になってる口座①が月序盤でこけてしまい、どうなることかと思ったものの後半で持ち返し、トータルでもプラ転してまずまずの結果に。ほぼ同ロジックで別業者の口座④も同様。あと2ヵ月連続マイナスでずっと足を引っ張っていた口座③が今月ようやくプラスですけど、まだまだトータルマイナスだし、期待値を下回ることには変わらない状況かなと。まあ12月の相場はこのロジックだと微妙だし、一応年明け後も引き続き様子見ではありますが・・・

で、肝心の裁量については、ベタだけどドル円のゴトー日仲値のトレードについては一応検証で裏付けが取れたので、早速月末から開始したところ。よくある仲値のアノマリーEAとはちょっと異なる独自手法なんだけど、まだ検証が十分でない部分もあるので、とりあえず次のゴトー日までに最低限の検証はやり切らないとといった感じです。

まあゴトー日は月6回しかないし、相場によってはエントリー回避の判断もするので、取引回数が少ないのが欠点なんですよね。コツコツドカンの逆バージョンで、すぐに損切りするから勝率は高くないけど短い保有時間でプロフィットファクターの期待値が高いと想定してはいるものの、これだけだったら10ロットくらいでやらないと生活費も確保できないみたいな感じなので、やはりアノマリー以外の通常の相場で戦えるロジックをもう1つ用意したいというのが現状です。

できれば従来の短期スイングではなく、デイトレ・スキャル系の保有時間短めのロジックで勝負したいと考えていて、通貨ペアもやっぱりユロドルが一番流動性が高くて馴染み深いのでいければいいなと。まあ別にボラの大きいゴールドやポンド円辺りでいけるならそれでもいいし、特に拘りがあるわけでもないですけど・・・

ここで踏ん張れないと相場では生き残れないので、とにかく必死で検証するのみです。12月の相場は基本的に難しいので(FOMC以降は特に・・・)、本格参戦できるかは相場次第ですけど、まあそれよりまずは検証優先ですね。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ
スポンサーリンク
FX
Torafuguをフォローする
新・FX負け組トレーダーがこれから巻き返す軌跡を描くブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました